NEWS

ー後援会 U40新設ー

ー後援会 U40新設ー

故郷新潟を中心に活動していた 鍵冨弦太郎後援会ですが、都内在住の方や年齢の近い方にも ご興味を持っていただきたく、新たにU40制度を今年より新設致しました。 詳細は下記ページよりご覧ください。
超絶技巧ヴァイオリンデュオ ツアー開催決定!

超絶技巧ヴァイオリンデュオ ツアー開催決定!

長原幸太&鍵冨弦太郎 ヴァイオリン デュオ リサイタル 2023 下記4公演を行います。 東京公演以外の詳細は、追ってご案内いたします。 皆様にお会いできますことを、心よりお待ちしております。 金沢公演 7月6日 (詳細…

NEW

more

PROFILE

鍵冨弦太郎
鍵冨弦太郎
Gentaro Kagitomi

1986年新潟市生まれ。12歳で新潟市民芸術文化会館開館記念ガラコンサートのソリストとしてデビュー。秋山和慶指揮、東京交響楽団と共演。
桐朋女子高等学校音楽科(男女共学)を首席で卒業し、桐朋学園大学ソリストディプロマコースに進学。高校在学中にビクターエンタテインメントよりCD「ヴィヴァーチェ」「歌いだした鳥」をリリース。
幼少より様々なコンクールを制覇し、第72回日本音楽コンクール第1位、レウカディア賞、鷲見賞、黒柳賞受賞。調布市芸術厚労賞受賞。これまでに奥村和雄氏、辰巳明子氏に師事。
桐朋学園50周年記念コンサートにて小澤征爾氏の指名で、桐朋OBオーケストラとソリストとして共演。新日本フィルハーモニー、アンサンブル金沢他、ドミトリー・キタエンコ、岩城宏之氏、飯森泰次郎氏、高関健氏らと共演。
公益財団法人日本青少年文化センターの青少年劇場にて、全国各地の学校で演奏会を開催。またレスパス弦楽四重奏団の1stヴァイオリンとしても活動。サンクトペテルブルグ音楽祭(ロシア)からの招聘や、国際交流基金よりカナダ5都市に派遣される。現在、室内楽やオーケストラのゲストコンサートマスターなど国内外で活躍している。
2019年日本アコースティックレコーズより最新CDをリリース。