NEWS

フランク:ヴァイオリン・ソナタ

フランク:ヴァイオリン・ソナタ

近年はレスパス弦楽四重奏団の第1ヴァイオリンを務めるなど室内楽にも意欲的な鍵冨弦太郎が、才気溢れる沼沢淑音のピアノを得て実現させた好プログラム。中心に据えられているのは、スペイン内戦での詩人ロルカ訃報の衝撃を受けて書かれ…

more

PROFILE

鍵冨弦太郎
鍵冨弦太郎
Gentaro Kagitomi

1986年新潟市生まれ。12歳で新潟市民芸術文化会館開館記念ガラコンサートのソリストとしてデビュー。秋山和慶指揮、東京交響楽団と共演。
桐朋女子高等学校音楽科(男女共学)を首席で卒業し、桐朋学園大学ソリストディプロマコースに進学。高校在学中にビクターエンタテインメントよりCD「ヴィヴァーチェ」「歌いだした鳥」をリリース。
幼少より様々なコンクールを制覇し、第72回日本音楽コンクール第1位、レウカディア賞、鷲見賞、黒柳賞受賞。調布市芸術厚労賞受賞。これまでに奥村和雄氏、辰巳明子氏に師事。
桐朋学園50周年記念コンサートにて小澤征爾氏の指名で、桐朋OBオーケストラとソリストとして共演。新日本フィルハーモニー、アンサンブル金沢他、ドミトリー・キタエンコ、岩城宏之氏、飯森泰次郎氏、高関健氏らと共演。
公益財団法人日本青少年文化センターの青少年劇場にて、全国各地の学校で演奏会を開催。またレスパス弦楽四重奏団の1stヴァイオリンとしても活動。サンクトペテルブルグ音楽祭(ロシア)からの招聘や、国際交流基金よりカナダ5都市に派遣される。現在、室内楽やオーケストラのゲストコンサートマスターなど国内外で活躍している。
2019年日本アコースティックレコーズより最新CDをリリース。